2012年06月19日

我が家のフィッシュ手術

120612_2051~01.jpg120612_2059~02.jpg120609_0236~030001.jpg
先日…
我が家の熱帯魚が照井オーナーの手により 一命を取り戻しました!

ダトニオといって
タイの天然記念物の魚くんなんですが
異物を飲み込んでしまい エラから 異物が 突き出てるの見えますでしょうか ??

これが原因で
餌を 数週間 食べれず… 元気がなく
死を待つのが時間の問題でした (T_T)

調べまくりまして〜厚木の方に 魚も見てくれる お医者様が いるという情報のもと… 予約までしてしまいましたが
1日も我慢できない 照井オーナーは 『やるぞ!』の一言で
突然 魚を 発泡スチロールに入れ
手袋して魚を掴み、口を開け ピンセットで
エラを傷つけないように 格闘し…
『とれた!!』の声を家中に響かせ
大成功しました!

その後、ご飯も食べれるぐらいに回復し…今は悠々と泳いでます

魚くんが飲み込んだ異物は どうやら 水槽内に入っていたタイラップでした (>_<)
これは すべて飼い主の責任です (;_;)

水槽内… 異物が入ってる のは 毎日の観察不足だと 私は思っています

生き物を飼うということは 人間の子育てと同じでして
毎日の 観察が大切だと
つくづく思う今日 この頃であります

Sayuri


posted by MIKAMI at 00:39| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。